ご利用規約

「ホームページいじれるくんTOOL」ご利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社インプットワークス(以下「甲」といいます。)が提供する コンピュータ・プログラム「ホームページいじれるくんTOOL」(以下「本プログラム」といいます。)及び、本プログラムと本プログラムに関するドキュメントなどの 関連資料(以下「本ソフト」といいます。)のご利用の条件を本ソフトの利用者(以下「乙」といいます。)と甲の間で定めるものです。 本ソフトをご利用いただくには、本規約をお読みの上、ご同意いただく必要がございます。

第1条 使用許諾

1,許諾範囲
甲は、乙に対し、本ソフトの譲渡不能な非独占的使用権を許諾する。 但し、本プログラムは、1契約1ドメインに限り使用できるものとします。

2,許諾内容
乙は、「本ソフト」をサーバーなどのデバイスにインストールして使用することができます。

第2条 権利の帰属
「本ソフト」は、著作権法その他の法律により保護され、「本ソフト」にかかる知的財産権は、その他一切の権利は、すべて甲に帰属します。乙は甲が、本規約に基づきまたはその他の手段により「本ソフト」にかかる知的財産権を乙に譲渡するものではないことを、ここに同意するものとします。

第3条 使用料
乙は、本ソフトの永続使用料として、甲に対し、STORESで購入・支払いを行うものとします。

第4条 返金
ご注文日から30日間は、本ソフトをサーバーに設置し、利用不可能なことが判明し、継続利用する意思が無い場合、かつ利用できないことを甲が確認できた場合に限り、返金対応を承ります。
返金対応後、乙は、甲の指定するところに従って、本ソフトおよび本プログラム(複製物を含む)を廃棄または甲に返還しなければなりません。
返金対応後、後日、利用できないことが虚偽申請であった場合、返金を無効とすることができ、永続使用料を乙は甲に支払う責任を負います。

第5条 禁止行為
乙は、甲の書面による承諾を得ない限り、本ソフトの少なくとも一部について次の行為をしてはいけません。
・乙は、本規約に明示的に定められる場合を除き、「本ソフト」を、改変、再使用許諾、販売、頒布、賃貸、リース、貸与もしくは譲渡、担保設定その他の処分、本規約にもとづく使用権の譲渡、ソースコードを開示する行為。
・特定もしくは不特定多数の者によるアクセスが可能なウェブサイトもしくはサーバーなどにダウンロードできる形でアップロードする行為。
・複製、翻訳、翻案もしくは他のプログラム言語に書き換える行為。

第6条 サポートおよびアップデート
甲は、「本ソフト」のメンテナンスおよび乙による「本ソフト」の使用を支援することについて、いかなる責任も負うものではありません。また、本規約に基づき「本ソフトウェア」に対してアップデート、バグの修正あるいはサポートを行う義務もありません。乙のサーバー環境の変更等より「本ソフト」が使用不能になった場合もサポートを行う義務もありません。
本プログラムのアップデートバージョンを無償で提供する義務はありません。

第7条 責任制限 甲は、「本ソフト」の使用または使用不能から生じるいかなる損害(逸失利益およびその他の派生的または付随的な損害を含むがこれらに限定されない)について、甲に故意、重過失または法令上免責が認められない場合を除き、一切責任を負わないものとします。たとえ、甲がかかる損害の可能性について知らされていた場合でも同様とします。なお、甲に故意、重過失または法令上の責任があることが認められ、お客様に補償を行う場合、本製品の対価を上限とします。
甲は、「本ソフト」の使用に起因または関連してお客様と第三者との間に生じるいかなる紛争についても、一切責任を負わないものとします。

第8条 反社会的勢力の排除
1.甲および乙は、その代表者、責任者、役員または経営に実質的に関与している者(以下、「代表者ら」という)が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者その他反社会的勢力(以下、「暴力団員等」という)のいずれでもなく、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するとともに、暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有しないことを確約します。
2.甲および乙は、相手方またはその代表者らについて前項に違反する事実が認められる場合、何らの催告を要さずに、本ソフトの利用を停止することができる。この場合、停止した当事者は、相手方または第三者に損害または損失等が発生したとしてもこれを賠償等する責任を負いません。
甲または乙が、本規約に関連して暴力団員等による不当要求を受けた場合には、断固としてこれを拒否し、当該不当要求があった時点で、速やかに相手方にこれを報告します。

第9条 本ソフトの利用停止
甲または乙は、相手方が本規約の各条項(前条第1項を除く)に違反し、相当な期間を定めて是正を催告したにもかかわらず当該期間内に是正が行われない場合は、本ソフトの利用を停止できます。
本ソフトの利用が停止された場合または終了した場合、乙は、甲の指定するところに従って、本ソフトおよび本プログラム(複製物を含む)を廃棄または甲に返還しなければなりません。
本ソフトの利用が停止された場合でも乙は、甲に対し支払った使用料の返還を求めることはできません。

第10条 類似製品の開発・販売制限
乙(本条においては乙の代表者、責任者、役員および経営に実質的に関与している者を含む。)は、直接的であると間接的であるとを問わず、本ソフトに類似するプログラム、ソフトウェア、アプリケーションまたはサービス等(以下「類似サービス等」という。)の開発および販売を行わず、第三者をして行わせないものとし、かつ、類似サービス等を提供する企業等への出資、業務提携、役員就任等を行わないものとします。

第11条 秘密保持
乙は、本規約または本ソフトに関連して知りえた甲および本ソフトに関する秘密情報を秘密として保持し、甲の事前の書面による同意を得ない限り、第三者に開示・漏えいせず、かつ、本規約の目的以外の目的に使用しないものとします。本条は、本ソフトの利用が終了した後も有効に存続します。

第12条 権利義務の譲渡
甲および乙は、相手方の事前の書面による同意を得ない限り、本規約に基づく権利および義務の一切を他に譲渡その他処分することができないものとします。

第13条 管轄裁判所
本規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

第14条 協議
本規約に定めない事項または本規約の各条項に疑義を生じた場合には、甲および乙は協議し、信義誠実の原則にもとづき円満に解決するものとします。

第15条 本規約の変更修正
甲は、乙に事前に通知することなく、本規約の全部または一部を任意に変更することができ、また本規約を補充する規約を新たに定めることができるものとします。規約の変更・追加は、本ウェブサイトに掲載した時点から効力を発するものとします。
乙は、前項の内容を十分に理解し、本規約の最新の内容を定期的に確認する義務を負うものとし、甲に対して、規約の変更・追加に関する不知・異議・クレーム一切を申し立てることは禁止されます。
甲は、規約の変更・追加により乙に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

附則
制定日:2024年1月31日